映画風のカウントダウン動画素材を3つ紹介

動画のイントロ部や結婚式のオープニング部分に、映画風のカウントダウン素材を使いたい人もいるのではないでしょうか。

「3→2→1→本編!」みたいな感じで、こっちの方が惹きつけられますよね。

ただこうした動画を自分で1から作るとなると、結構大変です。

そこで今回は、カウントダウン動画素材がダウンロードできるサイトを調べたみましたので、3つ共有したいと思います。

 

 

カウントダウン動画素材が手に入るサイト3選

選りすぐりのものを幾つかピックアップしてみました!

 

 

1.MotionElements

 

MotionElementsは、動画素材のマーケットプレイスです。

月額平均2,150円の定額制プランの他、単品での動画購入も可能です。

単品だと少し高めのものもありますが、中にはコスパの良い掘り出し動画もあるので、探してみください。

商用利用も可能です。

 

 

●映画風カウントダウン動画

 

⇒3秒の短めの動画なので、視聴者が離脱する心配も少ないです。有料ですが、単発650円なのでコスパGoodです。

 

動画素材はこちら!

 

 

ただカメラのフィルム音がないので、別途音声は購入しないといけないです。

 

音楽素材はこちら

 

 

 

2.Placeit

 

Placeitは英語のサイトですが、月額$15(年額$90)で無制限にダウンロード可能と、破格の値段。

単品購入も可能で、全ての素材が商用利用可能。

クラウドサービスで、映像の簡単な編集も可能。

ただ動画素材がちょっと独特すぎる(笑)そして、動画がとにかく重い!

 

 

●5秒カウントダウン(元々はHappy New Year!というテキストが入っていたのを削除しました)

 

 

⇒最後の「Go!」の部分はテキストを自由に変えられるが、動画を切り抜いたりするには別途編集ソフトが必要

 

この動画素材はこちら

 

 

3.Canva

Canvaは、オーストラリア発のデザイン素材を販売するサイトです。

こちらは無料の素材も揃えていて、有料版にするとオシャレな素材も一部使えるようになります。※カウントダウン動画は全て有用のようです。

ロゴやアイコン等のイラスト制作が強いサイトですが、最近は動画素材も増えています。

 

以上です。

個人的にはコスパの良いPlaceitを使うことが多いですが、MotionElementsも掘り出し動画が見つかることがあり見ています。

 

 

 

●最近アップした動画!!

ElementorというWebサイトビルダーのメリットとデメリットをまとめてみました。参考にしてみて下さい!

 

 

 

●人気記事

WordPressをGCP環境で実装して使ってみた

 

社会人向けWebデザイン講座8選 メリットやデメリット

 

在宅ワークを快適に!おすすめアイテム4つ紹介

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です