Elementor3.5の機能を使ってみた 更新内容を検証!

Elementorは定期的にプラグインのアップデートがあるのですが、今月新たにリリースされた「Elementor3.5」の更新内容を検証してみたので共有です。

大きな機能アップデートはなさそうですが、細かい部分で改善されているので、人によっては便利かなと思います。

 

 

Elementor3.5の更新内容

以下Elementor3.5の更新内容を6つ紹介したいと思います。

 

 

1.ウィジェットのお気に入り追加機能

頻繁に使うウィジェットを「お気に入り」に登録しておける機能です。

右クリックして「Add to Favorite」を選択すれば、右側メニューバーの一番上の「Favorite(お気に入り)」に登録されます。

 

個人的にはElementorは、LPや会社概要ページといった一部のページでしか使っていないので、正直あまり大きな恩恵は受けなさそう(笑)。

ただ、特定のウィジェットを繰り返し多用するということはあるので、そういう時は便利かもしれないです。

また今後ウィジェットの数が更に増えていくとなるなら、いちいちウィジェットを検索したり探すのは手間なので、この機能は便利かもしれません。

 

 

2.Desktopからメディアを直接ドラッグ&ドロップ

デスクトップからElementorのデザインページに直接メディア(画像やファイル)をドラッグ&ドロップできるとのことです。

地味ですが、知っていると便利ですよね。

ただ自分は投稿ページでElementorを使う機会があまりないので、個人的にはあまり大きな恩恵は受けなさそうです。

 

 

3.複数選択

これはかなり便利ではないでしょうか。

今までは複数選択ができなかったので、1つ1つ選択していたのですが、CTRL/CMDを押しながらクリックすることで複数選択が可能になりました。

フォントや文字サイズの変更等をまとめて変えられるんで、これは便利です!

 

 

4.画像の変形(Transform)

上図のように、画像を回転させたり、左右に移動させたり、左右反転させたり、色々変形できる機能です。

対象の画像を選択し、「高度な設定」>「Transform」から調整可能です。

一切コーディングせずとも、こうして自由に変形できるのは、技術的にはすごいことではないでしょうか。

個人的には整列したページが好きなので、あまり使わない気がしますが、実現できることの幅はどんどん広がっていきますね。

 

 

5.ヘッダー文字の縁取り

上図のように、「ヘッダー」ウィジェットの文字を縁取れるようになったとのことです。

今までは、文字を薄いフォントに設定すると全然目立たず、結局濃いフォントを使っていました。

この機能を使えば、薄いフォントを使っても、縁取り部分のフォントを濃いめにすれば目立つので、問題なさそうですね!

ヘッダーウィジェットはSEO対策としても使う機会多いですし、機能拡充は純粋に嬉しいですね。

 

 

6.文字の間隔を調整できる

テキスト文字の間隔を調整できる機能が追加されました。

対象のテキストを選択し、「スタイル」>「書体」>「Word Spacing」より設定可能です。

日本語ではスペースを使う機会が少ないかもしれませんが、デザインにアルファベットを使う場合は便利かもしれません。

 

以上です。

全体的に地味な機能更新ですが、それでも継続的に改善が進んでいるのは嬉しいです!次回のアップデートも期待です。

 

なおまたElementor Proをまだ使ってない人は、これを機会にアップデートも検討してみてはいかがでしょうか。

以前も一度実質的な値上げがありましたが、今後も値上げの可能性は否定できないので、お早めに!

では。

Elementor Proの詳細をチェック!

 

 

 

MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です