Elementorの新サービスElementor Cloudを徹底検証

Webサイト制作ツールのElementorが「Elementor Cloud」という新サービスをリリースしたとのことで、早速使ってみました。

 

何が変わったのか

個人的に気になった変更点は下記の通りです。

 

・Google Cloudのサーバー(GCP)が付いて来る(20GB)

・Wordpressがインストールされた状態である(Wordpressのインストールが不要)

・1日1回の自動バックアップ機能が付いている

 

Elementorは、Wordpressの上で使うプラグインです。

ですので、Elementorを使うためには、その前提としてWordpressをセットアップしたり、サーバーを構築する必要がありました。

この作業は、慣れてしまえばそう難しいものではないが、全く無知の状態の初心者がこれらの作業を進めるのは、ちょっと大変です。

このElementor Cloudというのは、こうした作業・費用が一切不要になるというもの。

未経験の人がWebデザインを始めるためのハードルが大きく下がった、という点がこのサービスの価値と言えそうです。

 

 

Elementor公式ページで詳細を確認

 

 

料金はどうなのか?

次に気になるのは料金ですよね。

仮にWebサイトを作る手間が省けたとしても、費用面で割高となってしまうなら、正直あまりメリットを感じられませんよね。

ということで、従来の方式と比較した、費用面でのメリット・デメリットについて検証してみます。

 

●従来の方法

下記が、従来の方法でElementorを使った場合の費用とその内訳です。

 

1.レンタルサーバー費用:3,960円 ※ロリポップの年間費用。容量は160GB

2.Elementor:$49≒5,600円 ※1サイト分契約した場合

3.バックアッププラン:3,960円 ※ロリポップのバックアッププランに1年間加入した場合

ライトプラン 詳細はこちら

 

⇒総額:13,520円

 

ロリポップのプランに関しては、Wordpressの簡単インストール機能が付いているプランの中で、最も安いライトプランを選択しました。

なお、ライトプランはバックアップ機能が付いていないので、月額330円のバックアップ機能も追加購入を想定しています。

 

 

●Elementor Cloudプラン

Storage:20GB

⇒一括$99≒11,400円

 

従来の方式では、年間約13,520円。

対するElementor Cloudは、年間11,400円。

結果的にElementor Cloudの方が額面上は安いという結果です。

 

ただし、Elementor Cloudプランのストレージは20GBしかなく、容量面ではロリポップのライトプランの方がはるかに多いです。

複数のサイトを運営したり、動画や写真コンテンツなんかをガッツリ使う場合は、ロリポップの方がいいかもしれません。

 

また自動バックアップ機能が不要という方もいると思います。

その場合、年間4,000円のコストダウンになるので、ロリポップのライトプランは年間10,000円を割る計算になり、こちらの方がお得です。

以上です。

 

Elementor公式ページで詳細を確認

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です