Elementorの値上がりを考察 新登場Expertプランとは?

こんにちは。トラ蔵です。

 

Elementorは結構頻繁に新機能追加のメールが来るので毎回楽しみにしているのですが、先日来たは、ムムム、、、な内容でした。

それがこちら。

何やらElementor Pro版のPlan(契約)体系が変わったとのこと。

もう少し読み進めてみると、どうやら「Expert」プランが、「Advanced」、「Studio」、「Agency」の3つに分割されるみたいです。

既存ユーザーへの影響はないようですが、この変更が新規ユーザーのプラン選びに対してどのような影響を与えそうか考察してみました。

 

変更はExpertプランのみ

詳細はこちらに書いていますが、元々Elementor Proは、Essential、Advanced、Expertの3つの契約体系が存在し、その3つの違いは、Elementor Proが使えるサイトドメインの上限数のみでした。

Essentialsは1サイト、Advancedは3サイト、Expertは1,000サイトで利用可能でしたが、今回変更されたのはExpertのみです。

変更内容としては、元々Expertプランでは1,000ものサイトで使えていたものが、25サイトに下方修正されてしまったというものです。

では、元々あった1,000サイトプランはというと、下図の通り別プラン(Agency)が新設される形で残りました。

またStudioプランという、100サイトで使える新プランも新しく出来ました。

値上がりか?と言われえば確かに値上がりです。

ただ、一方的に値段を上げるということではなく、新設されたStudioプランとAgencyプランでは、24時間365日のVIPサポートが受けられる他、Expert NetworkというWebクリエイターポータルサイトに登録できるという特典が付くようです。

自分は趣味程度でブログをやっているのであまり恩恵は感じないですが、Elementorは今や世界中にユーザーがいますので、このNetworkをうまく使ってコネクションを作ることはできるのかもしれませんが、

また、ElementorのVIPサポートは人によっては結構いいかもしれないです。

というのも、Wordpressのテーマやプラグインの中には、Elementorと共存させるとエラーとなるものがあるので(表示が崩れたり)、そうした場合はこのサポートを使えば解決できると思います。

 

ユーザーに与える影響

一方、ExpertプランでもProバージョンを25サイトで利用できます。

自分も合計10個ぐらいサイトを持っていますが、ぶっちゃけ今後個人としてやる上でサイト数を25以上に増やす予定がそもそもないですし、仮にサイトの数が増えても全てのサイトでElementorを使う気もさらさらございませんので、この価格変更の影響は大して感じません。

恐らく個人でブログやWebサイトを作っている人にとっては影響はないのではないでしょうか

一方、Elementorを使ったWebデザインを仕事にしている人にとっては若干影響が出る内容かと思います。

というのもElementor Proは、一度作ったデザインを簡単に複製できる利点があり、1つ完璧なデザインテンプレートを作り込んでしまえば、後はそのテンプレを流用して作っていくだけなので、これはWebビジネスではかなり有利なのです。

ですので、テンプレートを流用しまくって、デザインを広く普及させようというビジネスモデルを考えている人には影響が出るでしょう。正直25サイト以上も売れれば、この値上げ分ぐらいの元は取れるでしょうが…。

それは今回の変更によって、プラン体系が「Individual(個人)」と「Team(法人)」に分かれたことも、このことを意図しているかなと思います。

 

結局どのProプランがいいの?

公式サイトに「Popular」とある通り、Expertプランが一番いいのでは?と思います。

その点はElementor Proの3つの有料プランを比較 違いとおすすめのプランで詳しく書いていますが、今回のプラン変更でもこの考え方は変わっていません。

他に情報更新されたらまたアップデートします。

一先ず、大した影響はないですよ!という結論を伝えたく、以上です。

Elementor公式ページへ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA