動画速度が無料で変更できる CCEを実際に使ってみた

手持ちの動画を早送りしたりスローにしたい場合、Windowsユーザーは標準実装されている「フォト」を使っている人も多いかもしれません。

この方法でも問題ないのですが、Adobe社が無料で提供する「Creative Cloud Express」の動画編集ツールでも同様のことができるとのことなので、実際に試してみました。

 

●Creative Cloud Express

 

 

メリットとデメリット

Creative Cloud Express(CCE)を使って編集するメリットとデメリットです。

 

●メリット

・Windows、MACユーザー問わず誰でも使える

・無料

・アプリ版もある

 

 

●デメリット

・ネットに繋がる環境でないと使えない

・変えられる速度が限定的(数パーセント単位で指定できない)

・テキスト入力等の編集機能はない

 

 

テキスト入力ができないのは痛いですね…。

新規で動画をどんどん作っていくというよりも、既存の動画を編集(切り抜いたり等)していく使い方を想定している感じですかね。

 

 

再生時間の変え方

 

Creative Cloud Expressを使って動画の再生速度を変える方法です。

 

Step1:動画をアップロードする

Step2:変更箇所を指定する

Step3:スピードを設定する

Step4:動画をダウンロードする

 

動画をアップロードして、編集して、ダウンロードするだけなので難しくはないです。

 

では、実際に試してみたいと思います。

 

 

Step1:動画をアップロードする

 

Creative Cloud Expressにアクセスし、動画をアップロードします。

 

動画を選択して、10秒ぐらいでアップロードが完了しました。

 

 

Step2:変更箇所を指定する

 

速度を変更したい箇所をカーソルで指定していきます。

 

 

 

Step3:スピードを指定する

 

スピードを指定します。

選択肢は、25%、50%、150%、200%です。

最大で倍速までは変えられということですね。

 

※合わせて指定箇所をミュートにできるのは嬉しいですね。

 

 

Step4:ダウンロードする

 

ダウンロードボタンを押して動画をダウンロードしてみます。

ここまではサクサクと作業が進みます。

 

 

ダウンロードできたので、開いて再生してみるものの…

 

●Before(変更前)

 

●After(変更後)

 

あれ!?

イメージ的には、動画全体の中で、指定した部分のみの再生速度が変えられるのかと思ったのですが…。

動画切り抜かれちゃう感じなんですね。

ん~…。

 

 

ということで、動画の一部分のみの再生時間を変えたい場合は、

動画を一度分割して、分割した動画の再生速度を変えて、再結合する感じですかね。

 

ただこのサクサク感はGoodですし、Creative Cloud Express内の動画コンテンツも使えるのはメリットですね。

 

既存のフォト等と使い分けていければなと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です