YouTube用のエンディング動画を簡単に作る方法

YouTubeのエンディング動画と言えば、動画を見てくれた人に対するサンキューメッセージを送りつつ、「チャンネル登録」や「いいね!」を押してもらえるような素材を使いたいですよね。

ただそうした素材を初心者が1から作るのは難しいですし、外注するとなると結構値が張ります。

無料の素材はそもそも種類が少ないですし、ライセンスを気にしたり何かと大変です。

そこでおすすめなのが、Webのグラフィックデザインツールを利用することです。

 

※参考:YouTube用のオープニング動画を色々作ってみた

 

 

 

グラフィックツールを使ったエンディング素材の作り方

 

ステップとしては下記2つです。

 

  1. デザインテンプレートの中からイメージに合致する素材を探して選ぶ
  2. テキストや画像等を少し編集してカスタマイズする

 

基本的なデザインを探して、ちょこっと編集するだけなので、手っ取り早くておすすめです。

一方、テキストを編集したり、画像を追加できたりもするので、素材にオリジナリティを出していくことも可能です。

ライセンス等面倒なことを気にする必要もないです。

 

 

 

 

主なグラフィックツール

主なグラフィックツールを紹介します。

動画素材となるとサービスも結構絞られます。

 

 

●Placeit

 

海外のサイトなので、洋風の素材が多め。

シンプルで派手な素材が多く、目を引きやすいのが特徴。

ただサイトが英語なので、最初ちょっと混乱する。

 

Placeitでエンディング素材を見てみる!

 

 

 

●Canva

 

サイトが日本語対応しているので分かりやすい。

ご覧の通り、素材も豊富。

以前は年間のサブスクプランしかなかったので使いずらかったが、ここ最近で月極のサブスク契約ができるようになったので今は一番おすすめ。

無料素材もある。

 

Canvaでエンディング素材を見る!

 

 

 

おすすめのテンプレート

 

最後にデザインのテンプレートを幾つか紹介します。

実際にアクセス頂ければ、動画版の閲覧も可能です!

 

 

●エンディング動画素材1

Placeitで素材を見る

 

 

●エンディング動画素材2

Canvaで素材を見る

 

 

●エンディング動画素材3

Canvaで素材を見る

 

 

以上です。

YouTubeのオープニング素材についてはこちらで紹介しているので、合わせて確認してみて下さいませ!!

 

ではまた!

 

 

 

●最近アップした動画!!

ElementorというWebサイトビルダーのメリットとデメリットをまとめてみました。参考にしてみて下さい!

 

 

 

●人気記事

WordPressをGCP環境で実装して使ってみた

 

社会人向けWebデザイン講座8選 メリットやデメリット

 

在宅ワークを快適に!おすすめアイテム4つ紹介

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です