Elementorでページをエクスポートする3つの方法 それぞれの利点

ElementorはWebデザインに関する知識やコーディングのスキルがなくても、かなり細部まで手の込んだデザインのWebサイトを作成できます。

そして更に、Elementorでデザインしたページはエクスポートすることも可能で、そのエクスポートしたページはテンプレートページとして他サイト・投稿用に保存しておけます。

つまり、Elementorでページを1つ作り込んでおけば、他記事やページでそのデザインを丸ごと「流用」することが可能となり、サイト制作の時間を節約することが可能となるのです。

 

Elementorでページをエクスポートする方法

Elementorでページをエクスポートする方法は色々あるのですが、今回はその中から3つの方法をそれぞれの使い分けと共に紹介します。

 

①WordPressのダッシュボードからエクスポートする

こちらの方法はElementorを起動させずにエクスポートしますので、例えば過去作成し保存したページをエクスポートしたい場合に向いています。

 

まずはWordpressの左側のメニューから、Template>Theme Builderと遷移します

 

エクスポートしたいテンプレートにカーソルを当てます。今回は4つあるテンプレートの一番上の「Menu」と書いてあるテンプレートにカーソルを当てました。

すると選択したテンプレートの下にメニューが表示されるので、「テンプレートのエクスポート」を選択します。

 

エクスポート完了です。デフォルトでは「ダウンロード」フォルダにファイルが保存されます。

②Elementorのページビルダー画面からエクスポート

こちらの方法はElementorを起動した状態でエクスポートしますので、ページを作成した直後にそのままエクスポートしたい場合に向いています。

まずはElementorで作成したページを保存します。Elementorの左側のメニューの下部にある矢印をクリックします。

 

テンプレートとして保存をクリックします。

 

任意でテンプレートの名前を付けて保存をクリック。

すると下図のような画面になるので、エクスポートしたいファイルの一番右側にある3つの「…」をクリックしエクスポートします。

 

③ダッシュボードから一括エクスポート

こちらの方法は複数のテンプレートを一括エクスポートしたい場合に向いています。

①、②ではテンプレート1つずつ選択してエクスポートするのですが、この方法を使えば丸ごとエクスポートすることが可能です。

 

まずはエクスポートしたいテンプレートを選択します。

 

「一括操作」と書いてあるところから「エクスポート」をクリックし、適用を選択します。

 

完了す。選択したファイルはZIPファイルとしてデフォルトではダウンロードフォルダに保存されます。

 

以上です。

Elementorはかなりデザインを細部まで作り込めるのですが、その都度1からデザインを作っていたら結構時間を食います。

よく使うレイアウトやデザインはテンプレートとして保存しておくと、時間を節約できとても便利ですね。

では。

Elementorの公式サイトで詳細をチェック

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA