動画素材のサブスクサイト3選 コスパ高め!

動画を作るためには様々な素材が必要ですが、商用利用可能なフリー素材では、なかなか良い素材が見つからないのが現実ではないでしょうか。

ただほど怖いものはないというように、無料素材はそもそも素材の絶対数が少なかったり、イメージに合う素材が見つからず、結局時間を無駄にします。

とはいえ、有料の素材を探してみるものの、1つの素材で数万するものもあり、正直予算的にもそこまでお金はかけられないですよね…。

 

そこで個人的におすすめなのが、「コスパの良い」定額制サービスを使うことです。

つまり、完全に無料ではなくお金は一定以上かかるのですが、金額以上の対価が得られるサービスを使うのです。

今回はそんなコスパが良い定額制の画素材サイトを3つ紹介したいと思います。

 

 

サブスク定額制の動画素材サイト3選!

下記にてサブスクリプション・定額制サービスの動画素材サイトを3つの紹介したいと思います。

サブスク型は簡単に解約できるので、ちょっとお試しで利用してみたり、期間限定で利用できるのも便利ですよね。

サービス毎で動画素材の特徴も異なりますので、予算に余裕あればサービスを使い分けてみて下さい。

 

Placeit

Placeitは、メキシコ発のデザイン素材のマーケットプレイスです。

2018年にWordpressのテーマを販売する豪大手Envato社に買収されのがきっかけで、今世界的にプレゼンスを拡大しているサービスです。

Placeitの特徴は、1.素材の活用のみならず、素材のデザインまでオンライン上で完結できること、2.個性的なデザイン素材が多いことです。

サイトが日本語対応していないのが難点ですが、西洋っぽいワイルドな素材が多く、ゲーム用動画に向いていると感じます。

 

●月額1,600円で無制限に利用可能 ※全ての素材の商用利用可能

Placeitの動画素材を見てみる

 

 

Canva Pro

Canvaは、オーストラリア発のオンラインデザインサービスです。

他のサービスと比較すると、比較的明るめの素材が多く、ビジネス利用もさることながら、誕生日や結婚式に向けた動画作成に向いていると感じます。

動画素材以外にも、名刺、ロゴ、アイコン、プレゼン資料等、様々なクリエイティブのデザインが可能で、簡単な動画編集もオンライン上で行えるのが特徴です。

他のサービスと比べると動画素材の種類・数は少なめですが、Webサイトが日本語対応してるため、安心して利用できるメリットもあります。

 

●料金:年間12,000円 ※全ての素材で商用利用可能

Canvaの動画素材を見てみる

 

 

MotionElements 無制限プラン

MotionElementsは、シンガポール発の動画や音楽素材のオンラインマーケットプレイスです。

3つのサービスの中では最も動画素材に強く、CGアニメ、3Dモデル、ビジネス向け動画等幅広いコンテンツを提供しています。

料金が月額2,200円と3つのサービスでは最も価格が高いですが、その分素材のクオリティの高さが特徴です。

サイトは日本語対応していますし、何よりも日本にオフィスを構えているので安心してサポートを受けられるのもメリットです。

 

●料金:月額2,200円 ※一部商用利用不可

MotionElementsの動画素材を見てみる

いかがでしたでしょうか。

動画素材を単品で購入すると、数万円かかりますが、サブスクだと定額で「使い放題」なので使えば使うほどお得ですよね。

動画はより多くの動きがあった方が、好奇心をそそり、人を引き付けますので、バンバン素材を使いまくましょう!

なお、サービスによっては、今後値上げする可能性も大いにあるので、利用を決めたらなるべくお早めに!!

では!

 

 

 

●最近アップした動画!!

ElementorというWebサイトビルダーのメリットとデメリットをまとめてみました。参考にしてみて下さい!

 

 

 

●人気記事

WordPressをGCP環境で実装して使ってみた

 

社会人向けWebデザイン講座8選 メリットやデメリット

 

在宅ワークを快適に!おすすめアイテム4つ紹介

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です